2013年02月04日

ポジティブの定義

ブログ村ではポジティブカテに入村した割に、そんなにキラキラ輝いていないブログをボソボソ書いてます。

もともとひねくれ者のあまのじゃくで現実主義者なので、虚飾の世界とか上澄みだけの言葉とかその場しのぎのお世辞とかニガテです。

喜び上手でも甘え上手でもなく女子力もなく、字ヅラから見るとホントに可愛げのない女ですな。

ポジティブな女性というと、愚痴一つ言わず、いつも元気で、いつも他人を励ましていて、プラス思考で、どちらかと言うとアクティブな印象ですかね。

その定義からするとワタシは、皮肉ばかり言ってるし、体力がないからいつも疲れてるし、他人がどう思うと関係ないと思ってるし、どちらかというとマイナス思考のタダの出不精です。

そんなワタシが何故ポジティブカテにちんまり居座っているかというと、ワタシの捉えているポジティブの意味が若干違うというか。

ポジティブ=前向きととらえる方が多いとは思いますが、ワタシは人からよく桂馬のような女といわれるので、前向きかそうでないかと聞かれたならナナメ前向きと申せましょう。

しかし、みなさん勘違いしがちなのは、ポジティブという定義を

他人から「前向き」と見られてる自分を演出する

という行為に摩り替えていないかということ。

ワタシは真のポジティブは、他人からあの人はポジティブだ〜と評価されるもんではなくて、
自分の中で自己解決できる力なのではないかと思うのです。

自己解決して前に向かって進んでいけるのがポジティブという定義です。
ヒトから評価されてナンボというものではないのです。

ワタシは長女です。
なので前人未踏の地を草踏み分けていくフロンティア精神にあふれたパイオニア気質なんです。
・・・
多少盛りましたが、姉のワタシが苦労して切り開いた道を、あとから妹が難なく後をついてくるという図式は今も変わっておりません。
こんちくしょう。

でもそれは姉として先に生まれてしまった以上、背負ってしまった宿命なので、受け入れるしかないですよね。
そういった意味では、ワタシは(ナナメ)前しか向いてません。
どうだい、ポジティブだろぅ?


世の中には人と比べることで自分を苦しめてる人がたくさんいます。
ブログを見れば他人の暮らしが羨ましくてしょうがないという人もいます。
でもブログなどで語られる話は生活のほんの一部分であるにもかかわらず、一事が万事この人は楽しい生活をしているんだと錯覚を起こしてしまうのはキケンです。
どこにでも舞台裏というのが存在しているわけで。

雑誌にでてくるようなステキな暮らしをしている人のブログは、いいなぁと思って参考にはなるけど、ワタシは自分がそれとまったく同じ生活ができるとは思わないので真似はしません。
自己啓発本も読みません。
あれは読んだ時点ですでに負けている(?)と思うタイプです。

他人のことを気にしなくなると、ものすごく気持ちが楽になります。
他人のいいところも悪いところも、人間てそんなもんだと割り切ることができると、悪口から開放されます。
他人は他人、自分は自分というように、ブレない芯のようなものがあると、迷いや悩みがなくなります。

そんなワタシもやる気が全く起きない時が度々あります。女ですもの。
先日もうっかり記事を消してしまい、再生する気力もなかったので、放置してます。
マイナス思考のスパイラルにハマることもあります。
そんな時は寝るに限る!

ワタシの中の鬼門は体力なので、このゲージが下がってくると要注意なことは経験上わかっているので、何をやってもうまくいかない時は体力をつけることにしています。

なんかまた長文になってしまいました。

なんでこんなこと書いたんだろう?

ここまでまじめに読んでる人っているんだろうか?
ま、いいか。

お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
実は今日、パワースポットに行ってエネルギーチャージしてきたんですよ。

今日引いた中吉のおみくじに
「吹く風の 沖辺の波の 高けれど 心静けき 我が港かな」
という歌が載っていたので、そういえば周りはみんな大変そうだけどいつもワタシは他人ごとだよなぁ〜そうだよなあ〜ありがたいな〜と感銘をうけたからでしょうね、きっと。
でもその幸福は神の御恵と祖先の守護によるものなので、自分だけの力じゃないんだよということを肝に銘じなさいというような内容でした。
神様ご先祖様ありがとう。









posted by どおぱみん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日への活力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

自分に投資をする

最近、ちょっくら出稼ぎに行って小銭を稼ぐことができるようになったので、今までできなかった自分に投資をしてみようかと、今いろいろと新しいことを始めています。

専業主婦は家族のためにお金は使えても、自分のためにお金を使うことにワタシは罪悪感があったので、ずっと悶々としてました。

まあ、微々たる稼ぎですが、使う目的を明確にするためにも、自分に投資をするお金として割り切っていくことに決めたとたん、仕事が増え、あらたな依頼も出てきたりして、まるでワタシの社会進出に対し背中を押してくれてるような状況となっております。
こういったちょっとしたバイト代は、やれご褒美だプチ贅沢だと消費してしまうと、あっという間に欲が出てこれじゃ足りないと嘆いて元の収入の生活に戻れなくなりがちなので、自分を戒めながらなるべく将来自分のためになるかもしれないものにお金を投じようと心がけています。

あ、ちなみにエステとかマッサージはその場しのぎのものですよ。
自分に投資と言うよりは維持費という仕訳になるかとワタシは考えております。

新しく始めた中で、ストレス解消も兼ねているのがボイストレーニングです。
もともとムダに声がデカいので、おもいっきり声を出すと気持ちいいんです。

御存知の通り、一人カラオケ歌手として密かに活動しておりますが(?)一度もプロに習ったことがないので、声の出し方や歌い方を基本から勉強し、楽しく通っています。

実は毎晩腹筋20回を20年以上続けているもんですから(ドヤ顔)腹からドスの利いた声を出すのは得意なんですが、歌はドスばっかりじゃ伝わらないので、もうちょっと息を出して囁くように歌ってみようとか、プロの第三者の目線はとても参考になります。

ワタシの担当は歌手を目指している若い男のコの先生なんですが、

「どおぱみんさんは清楚な歌は似合わないので、どちらかと言うとR&Bとかが似合う声ですよね〜。」

「なぬ?ケンカ売ってる?」

というようなやり取りをしつつ、

「ビブラートができるのはいいんですが、やり過ぎると昭和臭いので気をつけてくださいね。ロックにビブラートはいらないので、ビブラートいかすならやっぱR&Bかなぁ。」

「んなろ〜!たしかに昭和っ子だよ!まさにベストテン世代だよ。この、HEYHEYHEY世代がぁっ!」

なんて、とにかく先生はしつこくR&B押しで攻めてくるので面白いです。

すいません。そもそもR&Bってナンデスカ?
ワタシはアンジェラ・アキとかSuperflyがスキなので、そういうたぐいで合ってますか?

子供を産んでから流行りの曲にとんと疎くなっちまいまして、若いコが聞くようなグルーピーな曲は歌詞が共感できないし、最近の歌って音域高いからキー下げないと歌えないのよね。ベストテン世代は。

いとしくて震えたこともなければ、広げるような翼もないし、会いたい人もこれといっていないので、響かないんですよね。

昔の歌はその時々の思い出が重なるので、恥ずかしげなく愛を叫べるのですが。
でもレパートリーは増やしたいです。
いろんな歌が歌えるようになりたいです。

「あれ?どおぱみんさん。Superflyなのにときどき坂本冬美がひょっこり顔を出してますよ?」

「ムキー!」

と振り上げた「こぶし」を素直におさめるワタクシでありました。

しかしまあ、歌手になるわけでもないのになぜボイトレなのか?
もちろん自己満足もありますが、どこから将来がつながっていくかわかりません。
もしかしたらボイトレ講師の道だってないわけじゃありません。
ワタシのささやかな夢はいずれgleeのような歌って踊れるサークルを立ち上げることなんです。
glee大好きです。ゲームじゃない方。
あんなふうに歌って踊れたら楽しいだろうなって。
ゴスペルもいいですが、やっぱりPOPSや歌謡曲を歌いたい。ママさんコーラスじゃなくて。

そういった所で出会う人の縁を大事にしながら、自分の将来を切り開いていこうと思っています。

そんなわけで、お金カテで締めくくるとしたら、
使う目的のはっきりとした健全なお金は自然と入ってくるものなのだよ。
緑間口調ってスキ。


お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
以前占いで、アナタはようやく60代でウハウハですと言われました。。。
大器晩成かーい。




posted by どおぱみん at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日への活力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

貧乏くじ

今朝、中学生の娘が浮かない顔をしているので、どうしたの?と声をかけたら、
校外学習の班のメンツがイマイチでやる気がでないとのこと。

よくよく話を聞いてみると、どうも、くじびきとかじゃんけんとか言う公平公正な班決めではなく、まず班長を選抜し、その班長たちが会議をし、それぞれのクラスメートのキャラを参考に人物相関図を作りつつ、班員をコマのように決めるといった、会社人事のような好き嫌いが反映されがちの偏った選出方法なのだという。

娘はどちらかと言うとアクが強いタイプではない。
おっとりしていて平和主義で人との諍いを嫌うため、敵も少ないかわりに、地味で目立たない存在だ。

なので、すでに幼稚園時代から、アクの強い女の子に好かれる傾向があった。
いつもキツメの自分が主役じゃなきゃイヤなお嬢さんに付きまとわれる。
あるときはアクの強い女の子同士で娘の取り合いになり、腕の引っ張り合いになって痛くて悲しかったと、ボヤいていたこともあった。

多少キツイことをしても娘は文句を言わないし、扱いやすいのだろう。
そうはいっても、全てに言うことを聞くかというとそうでもなくマイペースなので、人に影響されることもあまりないのが、母親としては救いだ。

そんな娘も年頃になり、さすがに自己主張なるものもチラホラと出てきつつある中で、娘のクラスでの立ち位置はなぜか「ストッパー」。

人畜無害キャラをいいことに、問題児の男子のお目付け役を任されたり、不登校気味の遅刻魔の女子と一緒に通学して彼女を変えてくれ的な要求を、三者面談の席で言い渡されたりもする。

まさか、都合のいい女?

そして、厳正なる班長会議の結果、お人好しの娘に言い渡されたのは、今回は不登校組の女子と転校生と仲良くやってくださいというお願いだった。
○○さん(ウチの娘)しかいないと太鼓判を押されて満場一致で可決の議題だったらしい。

蓋を開けてみれば相当貧乏くじのメンバーらしい。

アクが強い子たちは我が物顔で、アタシこの子と合わないの、○○ちゃんと一緒じゃなきゃヤダとかゴネまくって、決めたんだろうなぁ〜。

娘の名誉のために付け加えておくが、娘はけしてイケてない方の女子ではない。念のため。
ただ、めんどくさいことに巻き込まれたくないばっかりに、自らあえて存在感を消しているのだという。
それも中学生の女子という魔物が住む世界を生き抜くための彼女なりの知恵でもあるそうだ。

しかし今回はそれが裏目に出た形だ。

担任の先生も一緒に班長会議に出ていたらしいが、思春期の多感な中学生の思うままにするしかなかったんだろうか。
まあ、校外学習の出先で問題起こしても大変なんで、安全策をとったのが見え見えな顔ぶれだそうな。

いつも思う。

お人好しは貧乏くじを引く。
ゴネ得の世の中、娘のようなお人好しが生きにくい時代なんですね。

と、理不尽なことに対して容赦なく正論で追い詰めるネゴシエーターの母(クレーマーではないよ!正論を言ってるだけ。テヘ。)は、地味で口数の少ない娘の将来を案ずるのであった。

fin

お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
finじゃねーしw

しかし、まーなんですな。

実はワタシもバランス感覚を優先するタイプなので、好き嫌いで人に偏った接し方をするのが嫌いだ。
だからまんべんなく、多少ニガテでもフツーに話したりする。
百戦錬磨のママさんたちが集まる顔合わせなんかで、気を利かせてポツネンと立っている人にあえて声をかけたりするので、おそらく私が合コンに行ったアカツキには、モテない男子のお相手役を押し付けられるんだろうか。
娘と一緒だなこりゃ。

でもやっぱりあからさまに関わりたくないという態度をとるのは知性のある人間として良くないね。
いざ、話してみたら結構面白かったりするもんだし。
先入観を外してみようよ。

中学生の価値観なんて大したことないし、中学時代イケて無い奴がお笑い芸人になったりもするんだから、やっぱりそこはいくらつまんないメンツでも歩み寄ってみようよ。
でもここでまた武勇伝を作ってしまうと、ますます娘のお人好し株が上がり、厄介事を押し付けられてしまうんだろうな〜。

まー、ガンバってくれ。青春てそんなもんだw(他人事)






posted by どおぱみん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日への活力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。