2014年05月10日

嫁にできること

義母の乳がんが偶然発覚し、しかも既に大きくなっていてかなり手こずるタイプのモノだったため、去年秋から今年春にかけて半年間抗がん剤治療をしてきたんですよ。
本人がつらいのはもちろんですが、義父、息子であるダンナと弟たちは絶対君主の母親が苦しんでる様をみて右往左往するばかり。
周囲を巻き込んでの大騒動の日々でした。

ここは嫁が冷静に対処せなあかんと、弟嫁とタッグを組んで奮闘してきたわけですが、何せ嫁の立場なもんでね・・・。
客観的で率直な意見をダンナから言ってもらおうとしたけど、いざ母親を目の前にすると何も言えない野郎どもですよ。

抗がん剤治療がつらいのは百も承知です(もともと抗がん剤治療についても疑問を感じている)が、痛い基準も人それぞれで、やっぱり頑張って意識を持って治療している人と比べると、うーん、訴えが大げさかな。

もともと義母は依存心が強く、劇場型で悲劇のヒロインタイプのかまってちゃんなので、抗がん剤治療を印籠に、アレもできないコレもできない、歩けない動けない、寒い、味がまずい食べられないという不平不満ばかり。
自らすすんで介護老人になりたいのか?っていうくらい笑
言いたいのは分かるけど、やっぱり百歩譲ってもかなりオーバーなんです。(普段から痛い痛いと言っていると結構医者から狼少年的な雑な扱いを受けるんですよね。。。まさにそんな感じ)

動けないからといって動かないでいると、身体機能は衰えるばかりですし、体力がないからできないからとますます訴えをエスカレートするあまり、動けない自分を『引き寄せ』てしまい、とうとう乳房全摘手術目前で、胸椎の圧迫骨折をやらかしてしまいました。
ほんとに念願の?介護状態になってしまったのです。

当然手術は延期です。

人並みに掃除洗濯料理をこなす、さすがのマメ男の義父も、去年から続く義母の介護にすっかり参ってしまい、ここのところ夫婦の危機状態でした。
介護を夫の義務として一人で背負ってしまい、ずっしりと重くのしかかり、押しつぶされそうになっていました。

義父は何でも完璧にできるタイプなので、義母の要求をすべてかいがいしく受け入れる生活に疲れてしまい、爆発寸前でしたね。

かわいそうだから、痛そうだからと、何でも甘やかしてしまうと、人間本来の機能が奪われていく過程をこの目で見たような気がします。

できないことばかりを嘆くのではなく、「できること」「できるようになったこと」を見つけて、その身体機能を維持していくことが大事なんですね。
とにかく動けなくなって寝たきりになると、体も気持ちも萎えてそのまま頭もボケちゃうんじゃないかというのが周囲にとって一番怖いことなのです。そこそこいい歳なんで。

ここまできたらもう嫁姑関係なく、まず「義母のやる気スイッチを探すこと」が私の使命だと思い、鬼嫁と思われてもいいと開き直って、自立がいかに大事かを伝えていきました。
圧迫骨折もギッチギチのコルセットのおかげでだいぶ自立歩行ができるようになってきたので、自分でできることを徐々に増やしていきましょうと。

これって子育てにも似てるなと思いました。
ワガママを受け入れるだけがその人のためにはならないのだと。

家に病人がいると病人を中心にした生活になりがちですが、それでは健康な人が振り回されて、本来の健全な生活のバランスが崩れてしまいます。
健康な人の生活のリズムを崩さないことが一番大事なのではないかと感じました。
第三者(別居)の嫁や、義母の実妹たちが間に入ったことで、実家はようやく冷静さを取り戻しつつあります。
義母の体調は一進一退ですけどね。

介護にもいろいろあるので、この程度でとやかく言うのもはばかられるくらい大騒動なダンナの実家の顛末でしたが、老いってこういうもんなんだなぁ〜としみじみ思うワタクシでありました。

やっぱり老後の蓄えって大事よね。。。

お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ







posted by どおぱみん at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きるヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

高校受験て案外面白い。レベル3

よそのお宅は知りませんが、我が家はこの間のフジTVの全力教室での茂木健一郎さんの授業を見ていろいろと思うところがあったので、高校受験を控えた娘に対するメッセージも含めてブログに記しておこうと思っています。

ワタシは常々偏差値というものに対して抵抗感を感じている庶民です。
その立場からすると、今回の全力教室で茂木さんの授業はかなり共感できました。

現役東大生を相手に「オマエら」呼ばわりできるのは、東大出身者であり突出した才能の持ち主である茂木さんだからであり、「俺にとっては東大なんて単なる数値の一つでしかないんだよ!」(的な発言。正確な言葉は忘れました(;゚∀゚))と啖呵を切ったところはカッコよかったなぁ〜。

一度でいいから言ってみてぇ〜。

現役東大生ぽか〜んでしたもんね。
おそらく茂木さんは東大生の潜在意識の中にある偏差値が良ければいい大学という先入観をぶった切るつもりでおっしゃったのでしょう。
それでも我にかえってしつこく食い下がったりへりくつを言ってる素直じゃない東大生はなんだかとっても微笑ましかったです。

ワタシのような庶民がどうこう言える立場では全くないとは思いますが、恥をしのんで言わせてもらえば、
地頭が悪いなら偏差値でしか評価されない世界とは別のところで生きていけばそれでいいと思っていますし、人の魅力や幸福度は数値には表せないと思っているので、みんなちがってみんないい、金子みすゞ派に属しております。

確かに東大出身者というのも一つの魅力でしょう。
目に見える数値やデータが好きな人には魅力も得点化したいのでしょうし、幸福度もランキングで表したければ表せばいいさ。

魅力度ランキング45位の埼玉県で楽しく暮らしているワタシですが、今回の茂木さんの東大生吊るし上げ公開処刑?みたいな企画は、一面からの情報しか得られない庶民が抱くモヤッとした「何となくいい?」という勝手なイメージが、日本をダメにしている!と、いつも神奈川県(ワタシは全く他意はありませんよ〜)を槍玉に挙げて声高に吠えていらっしゃるマツコの意見に相通じるものがあるなと思う訳で。

あこがれや夢や理想を追うのはいいけれど、「何となくいい」の評価基準で(大学を)選んで、間違ったアプローチ(偏差値教育)を強要することだけは我が子にはさせたくないと改めて感じました。

偏差値なんて、地頭の良さを数値に表しただけなのかなって思うんですよ。
負け犬の遠吠えかもしれませんが。

でも地頭がいいなら、それを偏差値教育評価だけで満足してたらもったいないなぁと地頭の足りないワタシは思う訳ですよ。
ワタシだったら地頭の良さをとことん利用してウハウハ金儲けしたいですよね〜w

地頭というのは情報処理能力の違いだと茂木さんはおっしゃってましたが、結局ツールの一つでしかないですよね。
俺はハイスペックなツールだ!みんなどしどし利用してくれ!と身のほどをわきまえて腹をくくるのもアリだなと思います。
そりゃ確かにスペックがいいにこしたことはありませんが、自分で使いこなせなければ意味が無い。
発想力のある人や、人に影響力を与えられる人間が、地頭のいい人をツールとして利用するテもありますね。
ワタシだったら使われるより使う側の人間になりたいなと思うわ。(妄想中ムフフ)

それから東大生は偏差値評価を公平だと言ってましたが、世の中公平がまかり通ってるなんて壮大な理想論にすぎないと思うのだけれど。

現実はかなり不公平で相当理不尽ですよ。

みんな平等に正しい評価をされているって思うのは大間違いだって社会に出てから気づくのでしょうか。
いつまでも公平な評価を世間に期待していると痛い目にあいますよね。
そもそも公平な評価がそんなに大事なのか?と言われると、うなずけない自分がいます。

だって人間だもの。みつを。

相田みつを派にも属していることがお分かりいただけたところで、今日の着地点。

娘よ。
偏差値なんかにビビるな。
そんなもので推し量らなくとも君は十分魅力的な人間だ。
なぜならそれはワタシの子だからだ!(?)
情報処理能力に多少の難があったとしても、君が今までやってきたコツコツと地道な努力や奥ゆかしさやおっとりマイペースが生かされる道は必ずある。
君の個性はまだつぼみすらつけていないのかもしれないが、これから進む道で出会った人たちにいろんな刺激を受けて、いつかきっと自分のやりたいことを見つけ、自分が誰かに必要とされていることに気づく日が来る。
そのための進学なら私たちは全力を尽くして君の受験を応援する。
以上!
解散!
撤収!



お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
一部の勘違い発言は大目に見てくださいw





タグ:高校受験
posted by どおぱみん at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

占いとの付き合い方

スピリチュアル好き友人達との一連の会話の中で、ごく自然に、みんなでよってたかって占ってもらおう!という流れになリ、先日とある友人おすすめ占い師のところに行ってまいりましたの。

ああ、バブル時代にラ◯ホに粛々と並ぶカップルってこんな感じだったんだろうか・・・と、
しばらく順番を待っていざ突入。

しょっぱな、50代のオネェ系占い師に

「アナタ、頭がいいから社長になるよ。」

と言われました。

ええ、ええ、そうですとも。

実は何を隠そうアタクシ、四柱推命やっても手相やっても姓名判断しても、たいていものすごい強運の持ち主と言われる体質でして。
毎回しつこいほど良妻賢母フラグも立つ始末。

この世に産まれてから60歳までモテ期というありさま。

しかも、その占い師の方、手相を一瞥して絶句。

「アナタ、もうすでに90%以上人間がデキてるわね。」
「ですよね〜。知ってますw」

という終始受け答えで30分3150円でしたわ。

いいことしか言わない占い師さんかしら?

それにしてもおとうさんおかあさん。
私を絶妙なタイミングで産んでくれてありがとう。
旧姓もオットの苗字もこのうえなく良いバランスで、なんだかかえって申し訳ないです。

ま、100%良いことばかりというわけでもなく、ちょいちょいアドバイスもいただきましたが、都合の悪いことはスルーして聞いてなかったのかも?

基本的に占いはいいことだけを信じるタイプです。

それではここで質問です。
例えば、占い師さんが事実とは食い違うことを言ってきた時、
(「アナタ、子供3人いるでしょ?」と断定気味に言われたが、実際は2人だった時など)

@あー占い師さんも間違えることってあるんだな。にんげんだもの。

Aコイツ信用できねぇ。。。

Bエ?、もしかして本来の運命だったらそうだったのかもしれないと、頭のなかで無理やり自分の人生の記憶を修正して「そういえばアノ時の・・・」とこじつける。


のいずれのリアクションを取りますか?

ワタシから言わせると、オトナの対応は@で正解だと思いますが、Bに近いリアクションをとる方は悪いヒトタチのカモになる俗にいう中島◯子タイプでしょうか。
盲目になりがちで洗脳されやすいので気をつけてくださいね!

何でもかんでも占いで聞けばいいってもんじゃないのよ。
そうやって人にケツ持っていくのはやめようね。自分の人生なんだし。
自分の運命は他力本願ではいけません。
あんまり依存心が強いと幸せにはなれない気がします。

ワタシにとっての占いの利用方法は、悩みを聞いてもらったり、迷いを晴らすという意味合いよりも、
自分のブレを客観的に見てもらって修正する作業のように感じています。

実際占い師に言われたことは自分でも漠然と感じていた(娘が今のままでは受験失敗するとか、数年後倒れるだとか)ことですし、だったらこの先どうしていったらいいかという解決法もなんとなく自分でわかるので、占い師にもこう言われました。

「アナタ、自分で解決できる人なのよね。」
「ですよね〜。知ってますw」

それを克服するためのラッキースポットは教えて頂きました。

例えばパワースポットに行ったり、ラッキーアイテムでげんを担ぐのは、自分を鼓舞するためにも必要だと思っています。
体や脳が喜ぶことは大事ですから。

こうやってさんざんいいことづくめで書いて、さぞかし本人はまるで後光がさしたそれはそれは徳の高い人間なのだろうと感じてしまったアナタ、中島○子タイプに半分足つっこんでますよ!

あくまでもコレは占いの結果の内容ってだけでして。
占いで言われることは毎回似たりよったりなんでね。

実際は最近物忘れの激しいただのポンコツ主婦で〜す。

ああ、現実逃避中wwwしばらくこの占い結果に酔わせて〜。



お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
むーん、占いによれば金持ちにもなれるらしいのだが。。。はて?




posted by どおぱみん at 11:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 生きるヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。