2014年10月03日

折りたたみの車

今、小学生の息子が折り紙にハマっていて、暇さえあれば、宿題そっちのけで折り紙を折っています。

どうせ中毒になるならゲームか折り紙かといったら、折り紙の方が健全そうですが、基本同じ姿勢で本やネット(の折り図)とにらめっこしながらまともに呼びかけにも応じず夜遅くまで折りふけっている姿は、有害なものとそんなに変わらんような。

スキルアップしてどんどん難しい複雑なフォルムにのめり込むのも、ゲーム感覚なんでしょうか。

IMG_3235.JPG
憧れは神谷哲史さん

ゲームには音がかかせません。
効果音によって高揚感や臨場感を盛り上げますが、
息子曰く、
「この静けさの中でチャカチャカって紙を折る音がたまらなく好き♡」
だとさ。

紙の質感にもこだわっていて、和紙の里に行った際には、売り場の和紙を一枚一枚指触りをピラピラ確かめながら小一時間たたずむ小学生という珍しい光景を見ることが出来ました。

このフェティシズム、末恐ろしいです。

とにかくこの集中力だけはいずれ役に立つ時がくるであろうと生暖かい目で見守っています。

そんなわけで折り紙というのはいろいろ奥深く、年齢問わずファンは大勢います。

将来は折り紙作家になりたいと言う息子を尻目に、母親としては

「それって食っていけるのかしら?」

と心配になりますが、息子の趣味の変遷を見ると、
レゴや宇宙戦艦ヤマトや、車(とくにGTーR)のプラモなど一貫してものづくりに関連した傾向が見られるので、
そこで母からの提案です。

折りたたみの可能な車なんぞ実現してもらえませんかね?

幅2mの敷地延長にも駐車可能な折りたたみカーですよ。(しつこい)

宇宙工学のミウラ折りを応用したりなんかしてさ。

敷地延長住人にとっては夢の車なんです。(あきらめが悪い)




お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ






posted by どおぱみん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 願望シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。