2014年06月20日

映画は観てないけど…。

やほおニュースでMay J の歌が心に響かないとか、
クセがキライとかこきおろされていたので、私見を述べたいと思います。

こんなに彼女が嫌われる最大の理由は、
やっぱりアナと雪の女王の主題歌のゴリ押し感のイメージでは?と思ってます。

劇中歌と主題歌の歌手が違うのに私も「?」と思いましたけど、
『自分のほうがうまいので主題歌歌わせて下さい!』
と本人が調子こいて名乗りを上げて歌える世界でもなさそうなので、
いろいろと大人の事情があるのでしょう。

しかもアレンジが違うし、
May J とお松の声質もまったく違うので、
違和感がハンパないのだろうなぁ。
騒いでいる人たちはみんな
お松のエルサに肩入れしてる人たちの意見が大半のような気がしますが。

と、分析している私は、
Let it goの歌は初めて聞いたときに衝撃を受け、
早速ボイトレで練習したくらい、
あの曲の爽快感にすっかりやられた一人ではありますが、
映画はいっさい観ていないというポジションの人間です。

エルサに何の肩入れもありません。
純粋にLet it go の歌が好きな自称一人カラオケ歌手です。

はっきりいってあの歌は超難しいです。
最後らへんの持っていき方はハンパない高揚感ですが、
あのキーをマトモに出すのは相当な歌唱力が要ります。

私もお松バージョンの『あるきだそ〜うぉ〜』の
『うぉ〜』
は出ません。

まぐれで出たとしても最後の
『少しも寒くないわ』
の声がかすれるほど燃え尽きてしまいます。

お松さんもフルの生歌ではかなり厳しいのではないでしょうか。
(勝手な憶測ですけど)
レコーディング技術でなら何とかなりますけども。

イディナ・メンゼルも地声でめっちゃ弾けてますけど、
ミュージカル仕立てなので、歌っているというよりも
「パワフルに気持ちをぶつけて叫んでいる」ように聞こえます。

でも私が思うのは、
この叫ぶような歌い方こそが
人を動かす力になっているような気がするんですよね。

しかしまあ、お松もイディナもアラフォーですよ。
それでもエルサ役の声やって、
あんなにパワフルに若い娘の声を演じてしまう、
スゲ〜〜〜。
同じアラフォー世代の希望の星ですよ。

May J の歌はやっぱり歌手の歌。
お松やイディナはセリフで感情を意識したミュージカルの歌。
お二人とも歌のうまい女優さんですからね。
同じ土俵で比べるのもなんか違う気が。

ほんでもってMay J は難易度の高い歌を余裕で歌ってしまう
(ように聞こえる)のでかえって鼻につき、
一生懸命がんばって歌っていそうで
しかも映画の世界とダブるお松の歌のほうに肩入れしてしまう、
そんな感じじゃないのかなぁ。
今回は完全ヒール役になってしまった感があります。

歌というのは歌詞、感情、旋律、歌声…それぞれに心に響くポイントはあります。
心に響くかどうかは人それぞれ。
私はMay Jの後半の伸びのある声とか、鳥肌が立つほど心に響きました。

日本語バージョンが2曲あるだけに、
比べられてしまって、こんな記事が出てしまう。
もっと評価されてもいいのになぁ。

仕方ないことなのかもしれませんが、
私はMay J もお松もイディナもどのバージョンも好きです。

だってみんなすごい歌うまいもん。
ビビるぜ〜。うらやましいぜ〜。リスペクトしてるぜ〜。

映画は観てないですけどね笑


お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ







posted by どおぱみん at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399903300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。