2013年12月02日

採点方式

最近カラオケの採点機能を使って勝ち負けを決める番組が多いですが、ワタシも自称一人カラオケ歌手として大変興味深く拝見しております。

ワタシが一人カラオケをする理由は、とにかく歌が好きで、マイクもおののく絶唱ドン引き系であるために、大勢で行くとあまりの浮世離れした歌声になにかとめんどくさいことになるのと、目を閉じて自分の世界観を醸し出すために周りが見えなくなるのと、どうしても選曲が受け狙いと思われてしまうのが厄介なところですかね。

だって二次会のカラオケでエディットピアフの愛の讃歌を巻き舌込みで絶唱したら何事か?!と思うでしょフツー。
ウケ狙いでなく、敬愛するピアフが乗り移ったかのごとく歌い狂う姿はシラフじゃなきゃ出来ません逆に。

だから一人カラオケでも何カラオケでも酒は一滴も入れませんね邪道です。

たまにカラオケ採点番組を見ると、後日必ず自分も採点をやってみるのですが、自分は出だしの音程をしゃくってしまう癖があり、しゃくりで認識される場合と音程ハズしと認識されてしまうときがあります。
ちなみにしゃくりとは本来の出だしの音程に至るまでに低い音からすくいあげるように歌うことです。低い子音からはいって母音で正しい音程にテンションを上げていくので、けっこうこなれた感じで歌がうまく聞こえます。

が、

ボイトレに行くと必ず若い先生に
「アナタの歌は昭和臭い」
と言われるのは、このしゃくりにあると思うんですよ。

昭和の歌謡曲はほとんどしゃくっていて、歌がねちっこい感じになり、それはそれで情感あふれて好きなんですが、最近の若者たちはしゃくりが少なくストレートにリズムを刻む歌が多いので、しゃくるととたんに昭和臭くなります。

こな「あ〜」ゆき「い〜」

子音と母音に分かれやすい日本語だからこその歌い方なのかな。
英語の歌はフェイクというわざと音程を外す歌い方があるんですが、マライアをフェイクのつもりで気合い入れて歌っていたら、
「やっぱりしゃくってて演歌っぽい」
といわれ、やっぱり英語の歌は難しいですな。

あと自分で気づいた昭和癖は歌詞の間に「ん」を入れてしまうところです。
たとえば極端な話、レミオロメンの粉雪で

「いーきーてーなーどーいーけーなーいー」という部分を

「いんきんてんなんどんいんけんなんいん」

というととたんに昭和臭くなりますからお試しください。

話をカラオケ採点に戻しますが、先日のカラオケバトルの出場者の一人が
「機械に媚びた歌い方をしたくない」
と言ったのが印象的でした。
もともと合唱曲のような個性を消した歌の方が機械では高得点が出るのも分かる気がします。
採点方式だからあえて媚びてるんだよという姿勢ならそれはそれで清々しいと思いますけど。

しかし、個性の部分である歌い癖や声質は味ですから、そこを評価してもらいたいのなら、たとえばのど自慢大会などは聞く側の主観的な好き嫌いで判断されることを覚悟する必要があるでしょう。

個性を消して機械どおりに歌うのはボーカ○イドのように無機質で情緒もへったくれもないのですが、最近の採点機能はかなり精密になっていて、あんまり音程通りに歌うと、
「もっと自己流にアレンジしてもいいかもしれません」
とカチンとくるようなアドバイスをしてくれます笑

ただ自己流で歌うのも限界があって採点機能に限っては加点に認識されないパターンが多いので、あくまで採点を競うのならその攻略法を考えた方が近道ですし点も取りやすいです。

なんかこれって、偏差値と似てるな〜って。

なんでも数値化される世界は判断は公平なのかもしれないけど、テストだって攻略法を駆使して要領よく無理矢理点数をたたき出していくようなものだし。

ワタシは地頭がよろしくないので偏差値には苦労しましたが、例えば歌の採点だったらフツーに歌っても平均95点は確実にとれますからね。
地頭のいい奴らってこんな感覚なんだろうな。きっと。

でもいくらカラオケ採点で95点をとっても、ヒット歌手(ねえ、これって昭和?昭和なの?)になれるかはまた別の話で、しがないパート主婦のワタシにとってはなんの利点もありませぬ。

点数って自己満足以外の何者でもないです。

他人と評価を比べるためにある点数は、単純な勝ち負けの基準でしかないのだよ。
そんな安い価値観ですべてを決められるなんてたまったもんじゃないよな。

人間は味だよ〜あじ〜。




あーでも賞金が出るならカラオケ大会に出たいと思う安い主婦どおぱみんでした。

今年は家族対抗紅白歌合戦を年末に企画しております。
我が家は幸い女子と男子に分かれるので、娘と一緒に紅組優勝狙います!



お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
美空ひばりの川の流れのようにをトリで熱唱します。




タグ:高校受験
posted by どおぱみん at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
^m^…なんにせよ歌自慢、書自慢できるあなたが
非常に羨ましいアタシ…どちらも持ち合わせていない〜(-。-;

紅組優勝応援しちょります(>Д<)ゝ”
実況中継ありかしら?!
Posted by こ at 2013年12月12日 19:43
こさん

をどり自慢のあなたが何をおっしゃいますの。
女性らしい所作、身につけたいもんです。

私は若い頃、元宝塚の人に
アナタ!手が男なのよ!
となじられました。。。
Posted by どおぱみん at 2014年01月27日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381703459

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。