2013年10月26日

高校受験て案外面白い。

よその県は知りませんが、埼玉県は、中学校がほとんど生徒の受験に関して口を出さず、親子二人三脚で子供の希望校を外部一斉テスト(北辰)の偏差値で検討し、あーでもないこーでもないと悩み、土日返上で高校に足を運び、猫も杓子も併願私立の確約をとり、合格発表まで悶々とする方式をとっております。

ワタシがうら若き乙女の頃は、田舎で通学手段が限られていたので必然的に有無を言わせず学力で公立高校が振り分けられていたし、私立なんて金持ちの行く所ズラ!という偏見が根強かったです。

まー最初はなんて過保護でめんどくさい、進路指導は先生がやってくれよ〜、中学生にもなって親の負担が大きいぜ〜とも思ったんですが、よりどりみどりの高校が通学1時間圏内にあり、選択肢が多い中で、自分の目(親の目)で雰囲気を確かめて納得した上で高校へ進学することが大前提のこの受験イベントは、その子供にとっては一生に一度の岐路でもあり、親がこうして一緒になってガチで子供の進路を考えるにはいい機会だなと改めて思うのです。

いろんな高校の学校説明会に行きましたが、比較するとまー面白い。
みんなそれぞれセールスポイントがあり、特に県内の私立の必死さがひしひしと伝わってきて、あおりにあおってきます。
ある私立のエエ声の校長の話は印象に残りました。今んとこプレゼンはダントツナンバーワンですね。行きませんけど。

ほんと高校のプレゼン大会なんですよ。
その分学校側の努力が伝わってきます。
その点公立はやっぱり生温い感じです。
ほっといても生徒が集まる高校は強気ですけどね。

ウチの娘は最初、自らの経験を含めて当然のごとく公立で考えていたんですが、昔と違って今は公立を受験して落ちる確率が意外と高いんですよ。ビックリです。
ワタシの周りの人でも公立落ちて私立に行ったという方がほとんどです。
ウチの中学も去年は公立160人受けて100人も受からなかったという・・・Σ(゜∀゜ノ)ノ!ほぼヒャクパーじゃないのね。

噂では当日点より内申点が優遇されていて、学力の高い地域に住んでいる生徒は不利だとかなんだとか。

ウチの娘も相当そのあおりを食らっていて、内申点評価の高い生徒会や委員会などのパイはすべて積極的な肉食生徒たちによって食い荒らされていて、もう暗黙の了解で最初から人選が決まっているので付け入る隙がありません。
マイペースでお人好しの娘は自ら手を挙げることもなく当然ながら埋もれていきました。

これではガツガツした計算高い生徒(親)が増えるのは仕方のないことです。
だって、地元民なら○○高校(公立)に行かなきゃ人間じゃない的なムード漂う誇り高き文教地区ですからw近所のばあさんがそういうんだから間違いないw
端から見てるとちゃんちゃらおかしい。
高校ごときで品定めされちゃかなわんわ。

まあ自分の子供が偏差値高い学校に通うのは親のステータスなんでしょうけど。
自分の遺伝子の優秀さをアピールできる唯一の手段ですからね。

何となくそんな地域のプライドが最近やたらと鼻についてきたので、娘にはそういう外野の変な縄張り意識とは無関係の高校に行かせたいとなると、おのずと私立高校にしぼられていく訳で。

まあ、ゆるゆる娘の選択基準は
プールとマラソン大会がないこと
に尽きるそうで、私だって高校選べたらそうしたかったよと妙に納得したので、これを基準にあとは娘が雰囲気を気に入るかどうかなどで、今年いっぱいまでに希望校をしぼることになりますね。

娘に合った高校を見つけるって案外楽しいかも。
ワタシもあわよくば通いたいくらいだよ(/∇\*)キャーJK〜ハート(トランプ)

息子は息子でまた違う選択基準になりそうだけど。

私立はお金がかかるのが唯一の心配の種です。
でもさー、公立の授業料無償化の所得制限もどうよって感じです。
クラスの中に公立なのにタダと有料の境目があるという残酷さ。
ダンナがワタシを専業主婦に囲っておきたいと休みなく働いて頑張っているのでウチはどっちにしろ払わなくてはいけません。
子ども手当も減額で補助金もいっさい受けられないので、高い税金払ってる割には結構冷遇されてる世帯です。
けして贅沢はしていないのに・・・つらいなぁ。。。

そろそろリーサルウエポンが本腰入れて働くか!


お手数ですが、読んだよ!のクリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
大事なのは本人のモチベーション。






posted by どおぱみん at 11:36| Comment(7) | TrackBack(0) | ブラックどおぱみん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
県によって色々違うけれど…アタシも息子も高校受験を
していないので詳しい事情も?だけれど…
「プール…」は息子も同じ(^^;

祈!希望校☆.。.*・゚☆サクラサク☆゚・*.。.☆
Posted by こ at 2013年10月27日 05:43
高校受験…
前のことすぎてまったく覚えてませんが…(^_^;)
なんかなんも考えずに近くの公立に行った覚えが…
なので選択で悩んだ覚えもなく
高校へ行ってからも友達もまったく変わらず
なんの変化もなかったような。。。
公立の授業料無償化って所得制限あるんですかぁ?
それ絶対おかしい〜!!!
(あっ…個人的意見ですぅ 笑)
Posted by YOU at 2013年10月27日 20:44
こさん

ワタシの周辺の子供の環境では、親子とも若干オールマイティ強迫症のような気がします。
あれもこれも出来るようなそんなに器用な娘ではないので、マイペースの良さっていうものを大切にしながら、得意分野や個性を伸ばす教育が理想です。
故にプールとマラソンは必要ないのであります!笑
Posted by どおぱみん at 2013年10月29日 13:47
YOUさん

来年度から公立高校無償化所得制限実施だそうです。
なんだかなぁ〜。
でも最近の高校受験は塾ありきの部分が多いので、結局高い塾代を払うくらいなら私立の中高一貫校に入れてもさほど金額がかわらないかもしれません。
勉強するしないはその子次第ですけどw
Posted by どおぱみん at 2013年10月29日 13:51
Posted by のぉーぶる at 2013年11月02日 14:08
あらら。
前回投稿したつもりが、スカってますねえ。
なんでだろ。

私の高校受験は神奈川県でしたが、
中学2年の「アチーブメントテスト(ア・テスト)」25%
内申書50%
合わせて75%が受験前に確定してしまうという制度でした。だから先生の進路指導は「無理だからやめとけ」と言うくらいのもんでしたねー

Posted by のぉーぶる at 2013年11月05日 07:02
のぉーぶるさん

なんだか大学受験もセンター試験を廃止して一発勝負ではなく、高校三年間の実績の評価によってきまる、そんなような流れになってきているようですね。
まだまだ問題は山積みのようですが。
神奈川方式や、埼玉方式のように内申がもの言う高校受験は、逆に荒れる中学生の抑制にもなっているのでしょうか。
最近はガチのツッパリをお見かけしませんし。
Posted by どおぱみん at 2013年11月11日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378585105

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。