2012年09月14日

あったらいいなこんな車

うちの近所の駐車場代は約2万円です。

JR駅近在住の我が家の場合は、自家用車はあまりにもコストパフォーマンスがよくないので、車を所有していません。

もう車を捨て去った生活はかれこれ10年以上経ちますな〜。

幸い借家時代も交通の便の良い所に住んでいたので、公共交通機関と自転車と徒歩ですべてがまかなえてしまう暮らしを続けております。

普段は半径3km以内であれば、渋滞や一方通行をものともせず、ママチャリで颯爽と。

ただ、唯一心くじける時は、雨が降ってる日。。。

子供たちの習い事の送り迎えで、雷雨の中チャリで全力疾走する姿はまるで地獄絵図のよう。
車で迎えに来てる親子にちょっぴりジェラシー。

いやいや、逆境でテンションあがるタイプなんで、
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーっ!
って叫びながらずぶぬれで駆け抜ける自分に酔ったりもします。青春じゃ。

そうはいいつつ、やっぱり車あった方がこういう時は便利よね。
オイラのゴールド免許が泣いてるぜ〜。

我が家は敷地延長(旗竿地)の土地に家を建てているのですが、この最狭接道幅員が法定ギリギリの
2009mm!!!
9ミリってなんだ9ミリってよ。
境界杭蹴っ飛ばしたら無くなっちまうくらいの危うさです。
しかも、100mm幅のブロックで境界壁を低いですが両脇に設けているので、実質有効幅は1809mm?

なので、幅1480mmの軽をギリギリに寄せてかろうじて入庫できますが、ドアの出入りが不自由だし、約330mmの通路ではおそらくハンドル幅約60cmの自転車が通過できないでしょうね。

20年前の軽の規格ならもう少し余裕ができそうですが燃費が悪そうですし、何故か車のメーカー様方はこぞって軽自動車の車内の広さに重点を置いて開発されていらっしゃるので、いま日本に走っている車でうちの敷地延長に止められる車がなかなかありません。

2人乗りのミゼットならありますが、そうなるとオットと息子はボンネットに乗せなければならなくなるので、できれば最大4人なんとか屋根付きで乗せてくんないかなぁ…。

ボブスレーみたいな細長い4人乗りの車とかどうですか?

ボブスレーといえばクールランニングですよね〜。

結構笑える

せめて1300mm台の幅の軽自動車があれば、全国の敷地延長住人からのニーズが見込めそうなんですけど。

超小型車の検討を政府レベルで推し進めているのならば、車内の広さはまやかしとか錯覚効果で十分なんで、もう少し幅の狭い車体で4人乗りでお願いします。

夢のない現実的な話で申し訳ございませんが、今後を期待しております。

今日はどっちだろ?
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
そうか、マネーなのか?




posted by どおぱみん at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 願望シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。